浴槽つまりを事前に解消する静岡の業者

お風呂に最後に入った人が浴槽のお湯を流した時、なにかお湯が流れるのが遅い、ごぼごほと音がするなどの現象を感じても流れるからいいやと異変に気づいても放置しがちです。しかしこれは浴槽つまりのサインでは放置しておくと完全に詰まって流れなくなり、激しい時は浴室の水も溜まりあふれてお風呂の外に水が流れ出すこともあります。早めに気付いて対処すれば良いのですが、日々の生活の上で見過ごしてしまうことが多く、後になってあの時直しておけば良かったと後悔することがほとんどです。静岡にあるこの業者は水回りの修理専門の会社で、異変に気づいたら早めに連絡できるよう趣向を凝らして会社なら業績もアップさせてるいます。

この静岡の業者が行なった方法は気軽に電話ができるようにしたことで、方法はマグネット付きの広告です。これは会社のサービスの内容と連絡先を記した裏に磁石がついた広告で、冷蔵庫などに貼ることができるものです。これを静岡の対応エリアに配布することで、目につきやすく電話での連絡をしやすくしました。浴槽つまりの前触れであるお湯が排出されないことに気づいた人が気軽に電話し、一般の人でもできる浴槽つまり解消の仕方であるパイプクリーナーや排水口に挿入するつまり解消のワイヤーの取り扱いなどを伝えました。

この方法はつまりを一般の人が自分で解決できるので会社の利益は上がらないと考えがちですが、会社の信頼が生まれこの静岡の会社の認知度は高まり、業績もアップしました。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *