静岡で浴槽つまりに対処するには

一日の疲れをお風呂にゆっくりとつかることで解消している方は多いでしょう。お気に入りのハーブソルトや入浴剤を使い分け、よりリラックス効果を高めたバスライフを送っている上級者もいると思われます。そんな大切な浴槽がつまってしまうと、QOLは著しく低下してしまいます。お風呂の排水ができないということは、浴室全体の排水に問題が生じたということですので、シャワーでしのぐ手段も取れません。

静岡には温泉で有名な地域も多いですが、静岡のすべてがそうというわけではありません。また日本全体でそうであるように、静岡の銭湯施設は減少傾向にあります。代替手段が取れない期間が長引けば不衛生となりますので、早急な対応が求められるでしょう。浴槽つまりを起こさないためには、つまりの原因となるような行動を控えることが大切です。

例えば先ほど例に挙げた入浴剤ですが、種類によっては配管のつまりを起こしてしまうことがあります。また濃度も重要です。いい香りだからと推奨される以上の量を使用してしまうと、水に溶けきらない分がどうしても出てしまい、浴槽つまりを引き起こしてしまいます。この場合は種類によっては配管クリーナーなど市販のアイテムで対処できることがあります。

次に異物を流さないようにするということが大切です。よくあるのはカミソリや詰め替え袋の切れ端です。付け替えの刃や、小さなビニール片をそのまま流すと、配管の先で詰まってしまいます。このような異物によって起きた浴槽つまりは簡単には解除されないため、速やかにプロの助けを求めることが賢明です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *