蛇口の水漏れを修理するには

家の中にはお風呂や洗濯機などの蛇口がありますが、使う頻度が高いのはキッチンではないでしょうか。

人の多くは一日三回食事をします。食事をするために料理をしている最中、突然キッチンの蛇口から水が漏れていたら非常に焦るでしょう。食後は食器洗いもするため、早く修理しないと生活ができません。水漏れしたキッチンの蛇口を修理するとき、種類の確認が必要です。多くは、ハンドル混合水栓かシングルレバー混合水栓の二種類に分けられます。ハンドル混合水栓の場合、パッキンの劣化の可能性が高いです。なぜなら、ハンドルを開閉するたびにパッキンが擦れて消耗してくるからです。

パッキンの寿命は、10年が目安になります。それ以上使っていると、水漏れが起こりやすくなるでしょう。次に、シングルレバー混合水栓の場合は、内臓されているバブルカートリッジが劣化している可能性が高いです。バブルカートリッジは、水の量や温度の調節を行っている重要な部品で、劣化してきたら交換することができます。劣化する目安は10年です。ハンドルの下や蛇口の胴体からポタポタ水が出てきたり、もっとひどい場合は水が噴き出してくることがあります。

それは、バブルカートリッジの劣化による故障が原因なため交換しましょう。水漏れの原因が劣化したパッキンやバブルカートリッジだった場合、メーカーや型番をしっかり確認すれば自分で購入し、交換することができます。このようなことを参考に、急に蛇口から水が漏れてきても焦らず、自分で修理してみてはいかがでしょうか。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *