蛇口の水漏れ修理で必要になる交換部品

蛇口から漏れていて修理を行いたいとき、どこから水が流れ出ているか確認が必要です。

水が出てくる部位によって、交換するべき部品が異なってきます。吐水口から出ているときの多くは、中に入っているケレップあるいはコマと呼ばれている部分についているゴムパッキンの劣化の可能性が高いです。ホームセンターや金物屋さん、スーパーや大型薬局店などにおいても交換用部品として販売が行われていることがあります。

ハンドル部分とか、壁に接続している部分で水が流れ出ている場合には、また形の違ったパッキンを準備し交換が必要になるでしょう。いずれにしても、蛇口の漏れを突き止めないと修理にうつることができません。節水用のケレップが市販されていますが、これと交換を行うと以前と水量に差が出ますから、物足りなく感じてハンドルを全開にして水を出して使うようになってしまうことがあります。

節水用に変えた意味がなくなってしまうので、水量が十分にないと洗った気がしないというような人は、普通のケレップを購入したほうが無駄になりません。自分で工具を準備して作業するときは、汚れた工具を使わないように配慮しましょう。交換する新しい部品も汚れた手で掴んでしまうと、汚れが付着したまま中に入れてしまうことになりかねません。蛇口水漏れ修理で中を汚してしまうと、しばらく出てくる水に汚れが混ざってしまう恐れがあります。衛生的に保ちつつ、作業を行っていくことが大切です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *