蛇口の漏れの修理の仕方の例

蛇口の漏れを修理するには、自分で対処するか水道工事会社に依頼するかのどちらかを選ぶのが一般的です。

パッキンを交換して簡単に直るような状態であれば自分で直すのも良いでしょう。しかし直し方が分からない人や、面倒な場合には工事会社に依頼した方が、早くスムーズに直すことが出来る可能性が高いです。先端から水が滴り続けるという状態の蛇口の漏れは、修理することできっちりと閉まるようになります。この場合の原因は大抵はケレップが劣化したことにあり、中にあるケレップを交換することで直すことができるでしょう。長年使用し続けていると、ゴムパッキンの部分はどうしても劣化することになります。しかし新しいものに交換すれば、しっかり閉められるようになるでしょう。

ハンドルの根元のあたりから水が出てくるというケースであっても、蛇口の漏れの修理は多くの場合内部にあるパーツを交換することで直すことが可能です。ハンドルの下にある三角パッキンの部分が劣化しているので、この部分を交換すれば直すことができます。このように蛇口の漏れを修理するには、古くなって劣化したパーツを交換することで対処することが出来る場合がほとんどです。交換用のパーツは、ホームセンターや水道工事店で売られています。しかし蛇口の漏れの修理を自分でする際には工具が必要となるので、ナットを締めるレンチやハンドルの調節をするドライバーなどを持っていなければ購入します。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *